トップ > 新着情報一覧 > 詳細

会社案内2014年5月16日

ごあいさつ

株式会社 照沼勝一商店 20代目 照沼勝浩

 

茨城が誇る干しいもを全国区へ ~美味しさと安心を追求した自然栽培~

私どもの農場は、太平洋に面する茨城県東側ほぼ中央に位置する東海村にあります。東海村と、隣接するひたちなか市は、干しいもの生産量全国トップを占め、当社の主力商品である「雪の華」も、おかげさまで北は北海道から南は沖縄まで、全国から注文を頂いております。干しいもづくりの基本は「土」と「光」と「水」。私たちは「人を元気に健康にする会社」を目指して、生活者である皆さまのために、真摯に野菜づくりに取り組んでいます。皆さまに喜ばれ、お役に立てる商品に自信をもってお届けします。

 

科学的根拠に基づいた最高品質の農作物を育てる“自然栽培”。

「照沼勝一商店」は200年以上続く農家として、この東海村で農業を営んできました。人間の命の源である食べ物をつくるプロとして、美味しさを追求するのはもちろん、それ以上に「安全安心」であることにこだわっています。そうしてたどり着いた究極の農法が、今注目されている“自然栽培”です。肥料・農薬・除草剤などを一切使わずに育った農作物は生命力に溢れ、自然本来の滋養に満ちた美味しさが魅力です。平成19年に茨城県衛生協会HACCP認証に準拠した加工工場を新設し、衛生面の強化も図っています。「茨城県最高品質農作物研究会」による化学的データに基づいた本物の野菜から作った干しいもを是非味わってください。

 

企業理念

人の元気と健康のもとであること。それが株式会社照沼勝一商店の目標です。

農業生産を行い、食を提供する会社として、地域の人々、食べてくださるお客様、もちろん従業員も全員を元気にする企業でありたい。子供の食育問題や、農業離れ等、生きることの基本である「食」が、あまりにも疎かになっている昨今だからこそ、農から食までを手がける当社が出来ること、しなくてはならないことを、真摯に取り組んで参ります。

 

所在地:〒319-1113茨城県那珂郡東海村照沼600番地

従業員数:36人(男7人、女20人)※期間雇用含む 他に外国人研修生3人、外国人インターン学生6人

資本金:2,000万円

生産規模:約55 ha

・さつまいも(玉豊、紅はるか等) 約50ha

・水稲 3.2ha

・ハウス葉物類 0.8ha

・その他露地野菜等 0.5ha

主な施設:キャリング倉庫16棟、冷凍倉庫9棟、大型ハウス1棟、干しいも加工工場(茨城県衛生協会HACCP認証)、精米所

主な業務内容 :

・さつまいも、水稲、ハウス野菜、その他栽培

・ほしいも加工・販売

・直売所及び飲食店の運営

・玄米・白米の販売

主要取引銀行:常陽銀行/東海支店、筑波銀行/那珂湊支店、水戸信用金庫/東海支店

関連会社:株式会社ELF(農作物直売所及び飲食業)

主要取引先:全国各主要市場、(株)イオン、(株)セイミヤ、全国の仲卸問屋各社、オーガニック専門店

 

沿革

昭和35年   初代勝一により、ほしいも・甘藷・西瓜等の卸問屋として創業

昭和52年4月 株式会社照沼勝一商店設立

平成14年2月 エコファーマー認定(甘藷)

平成14年12月 ほしいも加工を本格的に開始

平成16年2月 エコファーマー認定(水稲)

平成16年5月 照沼勝浩 代表取締役就任

平成17年11月 遠赤外線乾燥機の導入

平成18年7月 堆肥場新設

平成19年4月 ほしいも加工工場新設茨城県衛生協会HACCP認証

平成20年6月 茨城県最高品質農産物研究会発足

平成20年6月 新潟薬科大学と甘藷加工残渣の機能性素材への応用開発を推進

平成20年12月 筑波大学とバイオエタノール生産の研究開発を推進

平成24年3月 株式会社ELF設立 つくばイオンモール内に直売所・レストラン開業

平成26年11月 タンザニアにサツマイモの加工会社設立

関連団体

茨城中央ほしいも協同組合

茨城県最高品質農産物研究会会長

一般社団法人ほしいも学校理事

茨城県さつまいも組合