お知らせ・知恵袋

干し芋が筋トレやダイエット中のおやつに最適な理由

Category: 芋の豆知識 Posted on

干し芋と言えば伝統的な日本のおやつ。良くおばあちゃんの家で食べたなぁ。

という認識はもう古く、

最近は単なる保存食やおやつとしてではなく

筋トレやダイエットに欠かせないスーパーフードとして食べる方が多いようです。

筋トレのお供に最適!干し芋をおすすめする理由

干し芋は「脂質が少なく、食物繊維も取れる炭水化物」なので、筋トレ界隈では人気の食材なのです。

干し芋の実力はそれだけではありません。詳しく見て行きましょう。

脂質が少ない

干し芋の100gあたりの脂質は0.6gとかなり低いです。

ダイエットや筋トレの際には糖質よりも脂質を抑えた食事の方が続けやすく、長期的に見てもリバウンドしにくいという情報があります。

低GIで血糖値の上昇がゆるやか

炭水化物を食べると、体の中で消化吸収されブドウ糖(グルコース)になり、血液に乗って全身に運ばれます。

グルコースは体のエネルギーとなるのですが、血液中のグルコースの濃度を「血糖値」と呼びます。

この血糖値は食事をすると上昇し、インスリンというホルモンが分泌される事で、通常はゆるやかに元に戻ります。

この血糖値の上がりやすさを1~100の数値で表したものがGI値ですが、GI値が高いと血糖値が早く上がります。

血糖値が急激に上がると、インスリンが大量に分泌され、上がった血糖値はジェットコースターのように急激に下がります。

「血糖値が下がる=エネルギーが足りてない」と体が判断し、空腹を感じさせ、エネルギーを取り入れようとします。

この時にまたドカ食いしてしまうと

急激な血糖値の上昇→インスリンの大量分泌→血糖値の急激な下降→空腹

と悪循環に陥り、余ったエネルギーは脂肪として蓄えられるという訳です。

干し芋のGI値は玄米やそばと同じくらいの数値で、低めの55となっています。

食物繊維たっぷりで腹持ちが良い

干し芋は食物繊維が豊富で、100gの干し芋からは1日に必要な食物繊維の3分の1が摂取可能となっています。

食物繊維は消化されにくい性質があるため、腹持ちが良いです。

減量中は食べる量を減らしたり、脂肪分の摂取を抑えることで、便が固まりやすくなりますが、

食物繊維が含まれる干し芋を食べることで、便秘の改善も期待できます。

ビタミンが豊富

干し芋はビタミンが豊富。含まれるビタミンは以下の通り。

・ビタミンE

抗酸化作用をもち、細胞の老化防止に効果があると言われているビタミンEが豊富に含まれています。

・ビタミンB1

疲労回復に効果があるとされるビタミンB1は、みかんなどの柑橘類の2倍と言われています。

・ビタミンC

風邪やなどに対する抵抗力を高めてくれるビタミンCも豊富に含まれています。

通常ビタミンCは加熱すると壊れてしまうのですが、干し芋の場合はデンプンが守ってくれるので熱でも破壊されません。

トースターで炙って食べると最高です。

カリウムが豊富

カリウムは普段撮るのが難しいミネラル分ですが、

干し芋のカリウム含有量数値は同じ量のご飯のなんと540倍!

カリウムは余分なナトリウムを排泄してくれる作用もありますのでむくみにも効果があります。

干し芋を食べるタイミングは?

そんなスーパーフードの干し芋は、トレーニングの前後いつ食べても良いですが、より効果がある食べ方を伝授します。

筋トレ前に干し芋

筋トレを行うためのエネルギー源として利用できるように、トレーニングの30分から1時間前のタイミングが吉です。

筋トレ直後に干し芋

筋トレ後の筋肉の成長のために使う栄養として活用出来る筋トレ直後も良いです。

ただし、筋トレ直後の身体にはすぐに栄養を届けた方が良いのでエネルギーの吸収が早いバナナなども合わせて摂るのがお勧めです。

間食こそ干し芋

脂肪がつきにくく、腹持ちが良く、お手軽と来れば間食にはもってこい!

小分けパックされている干し芋なら、食べきりサイズで携帯にも便利です。

また、定期的にエネルギーを補給しておかないと、筋肉が分解されてエネルギーとして使われてしまいますので、間食に干し芋こそ最強です。

1日3回の食事に加え、間食にほしいもを摂ることで、1日を通しての血糖値の上下を少なくする事ができます。

血糖値の上下が少ないという事は、空腹を感じにくく、無駄に食事を摂る事が少なくなるので間食を摂った方が太りにくくなります。

干し芋の注意点は?

カロリーに注意

干し芋は100gあたり303キロカロリーと結構多めです。

ごはんのカロリーが100gで168キロカロリーなので、食べすぎてオーバーカロリーにならないように気をつけましょう。

糖質に注意

干し芋100g中の糖質は65gと白米の100gで36gと比べ、かなり高いです。

やはり、食べすぎには注意しつつ、程よく取り入れましょう。

筋トレのお供の干し芋は、上質なものを

筋トレの時に食べる干し芋は「体を作るもの」ですので、

干し芋だったら何でもいい訳ではないですよね?

株式会社照沼では、土作りからこだわり

栽培期間中、農薬や化学肥料・除草剤を使用せずに栽培を行っています。

また、100gの食べきりパックもありますので携帯にも便利です。

また、せっかくの干し芋が美味しくなかったらテンションもダダ下がりですね。

続ける秘訣は「美味しいものを食べる事」

筋トレ時の栄養補給のみではなく、同時に「頑張ってる自分へのご褒美」として

干し芋を取り入れてみてください。

筋トレのお供に最適!株式会社照沼の「干し芋」を見る